楽我喜喋(日日是好日)

お爺わんとばあやとpurasu1

想い出🌸(閲覧注意のものも含まれます)

※後半は犬の骨等の画像もありますので気分の悪い方はお気を付け下さい



BABA家には8匹のわんこがいました


1代目・・ばあやがこの地に嫁いだ時に購入したマルチーズのはなちゃん♂
とても賢く人懐こくて誰にでも愛嬌を振る舞い誰にでも愛されるわんこでした
はなちゃんは飼い主であるばあやの不手際でお家から脱走して行方不明になりました
警察や保健所とも連携を取り方々にビラも配り捜索しましたが見つける事が出来ませんでした


2代目・・オールドイングリッシュのまるちゃん♀
大きな犬を飼いたいと小さなころからの希望で知り合いの方から譲って頂いた大きな大きなわんこでした
とても頭が良く従順で少しだけ臆病なまるちゃんでした13歳くらいで老衰でした
最後は寝たきりとなり数か月介護生活を送りました


3代目・・シーズのしずかちゃん
しずかちゃんは、はなちゃんの捜索時公園の近くのお家の方からご連絡があり行ってみるとはなちゃんではありませんでした
公園で子供達に虐められてから縁の下から出なくなったと言う事でぼろ雑巾のようになっていたし威嚇噛み付きもありましたがはなちゃんも同じように誰かに可愛がられていますようにと言う気持ちも込めて連れ帰りました
最初はばあや以外には懐かず唸りや噛みつきがありましたが根気良く対応して慣れて来ました
ただ1度もわんと鳴く事はなく名前の由来も静かである事とシーズをかけてつけました
まるちゃんと同時期飼いだったのですが最初はまるちゃんよりたくさんエサを食べるので破産しないかなと思いましたが最初だけでした・・お腹が空いていたのでしょうね
先住犬のまるちゃんとも仲良く出来て余生は幸せに暮らしてくれたと思っています


上記のわんこが亡くなり
寂しさを感じて居る所に
近所でシュナウザーが生まれたと聞き見せて頂き気に入ったのが


4代目・・お父さん犬のシュナウザーの神(ジン)君です
ジンくんも賢くて優しいわんこでした
ジンくんは体調が悪そうになったかと思うとあっと言う間に動けなくなり長嬢が帰宅するのを待っていたかのようにスーッと息を引き取りました


5代目・・お母さん犬のパグの小梅ちゃん
小梅ちゃんは主の知り合いの家に生まれたけど唯一売れ残って大きくなってしまったと言うわんこでした
主は盗らぬ狸の皮算用が得意な人でシュナウザーとパグの子供を産ませて売ろうと考えていたようですが・・・ばあやが商売はさせませんでした
3匹のぶたごちゃんを生んで貰ってから直ぐに避妊しました
実は3匹のぶたごちゃんも春頃に生まれたな~って言うのは覚えていますが何月何日なんて覚えていない雑な飼い主です
夏の暑い日に(当時は昼間だけは家族が不在なので外飼いをしていました、勿論日よけとかはしていました)コンテナの下で息絶えていました


6代目・・ぶたごちゃんの長男殿(との)君
お殿様の様にゆったりと構えていた優しい優しいわんこでした
足の指が人間の様に5本あったので人の化身の様なわんこでした
との君は自宅の門を訪問された方が開けっ放しにしていて家族で大脱走し親とでん爺(この時、足にヒビが入ってました)は帰宅したけどとの君とひめ嬢だけは帰って来ず
警察へ届を提出に行ったところよく似た犬が道路ではねられ収容していますと言う事で
確認をしたらとの君でした
内臓破裂でしたがお腹が裂けていただけで後はとても綺麗でした
内臓を元の位置に返して葬りました
でん爺も怪我をしていたのでおそらく二匹で道路に飛び出たけどとの君がかばってくれたのではないかとばあやは思っています


7代目・・ぶたごちゃんの長女姫(ひめ)ちゃん
ひめちゃんは名前の通りお姫様気質のお嬢様でした
食べる事が大好きで甘え上手なお嬢様
大脱走した時ひめ嬢はなんと50日近く行方不明でした
勿論、警察や保健所には届け出ていましたし捜索の毎日行いましたが正直日にちが経つにつれ諦めていました
そろそろとの君の49日頃と言う時にふらっと帰って来たのです
夜の遅い時間でしたが外でミャーミャーと言う声が聞こえたので猫の赤ちゃんでもいるのかなと思っていたら、さすが母親です小梅ちゃんが狂ったように外を気にするので出てみるとひめちゃんがやせ細り帰宅したのです
BABA家では奇跡の日となりました
ばあやはきっと、との君が49日で虹の橋を渡る前にひめ嬢をお家に連れて帰ってくれたと信じています


8代目・・ぶたごちゃんのでん爺です
でん爺は過去に噛みつき事故を起こした犬です(けがの程度が軽くても事故は事故)
この頃は気性も激しくあらぶっていた感じもしました
一時は処分も考えたほどでした
でん爺は悪くないのです
ご近所トラブルがありその犠牲になったのがでん爺だとばあやは思っています
特に忠実な犬は飼い主や自分に何か起こったのなら守ろうとします
でん爺は自分を守ろうとして噛みついたのですが噛みついた事実は消えません
でん爺は悪くない・・
悪いのはそれを避ける事が出来なかった私たちなのです
でも、でん爺は生きています、おりこうさんです
でん爺は喋る事は出来ません、でん爺が喋れたのなら困るのは誰なのでしょうかね
何年も執拗に我が家のわんこは嫌がらせをされてきましたが
今でん爺はばあやに守られていますので嫌がらせをされることもありません


そんなひめ嬢が亡くなったのが昨年の6月26日18時でした


ひめ嬢とでん爺は仲良しさんでした
小さな犬小屋に二匹で入りパンパン状態ですが寝ています( *´艸`)


自然とこんな感じです(≧▽≦)


常に一緒


ひめ嬢はこう見えてもお散歩は大好きでした


以前はこのせせらぎ水路の脇を歩いて散歩していました
ひめ嬢はこのせせらぎ水路がお気に入りでした(*^-^*)


お天気が続くと枯渇する水路で確認パトロールを始めます


そして見つめます
背中が語りますよね(*´▽`*)


亡くなる数日前から大好きな食べ物を摂らなくなりました
こんな感じで寝てばかり💤


最後の日の朝


週末から体調を崩し食欲も無くなったので病院で処置をして頂いて
週開けに検査の為病院へ・・・・
ばあやはお仕事だったのでお休みだった次嬢が連れて行ってくれましたが
朝からは自分でおしっこもしてたので良くなるかもしれないと淡い期待をしていたのですがお昼位に病院からで直ぐに迎えに来てと連絡がありお迎えに行くと息も絶え絶えの状態でしたが次嬢が連れて帰りました
その日に限ってばあやは遅くなり帰宅してばあやが抱き上げ「ひめちゃんもう頑張らなくて良いよ」と声をかけて数分後に頑張るのを辞めました
2017年6月26日18:00 


使わなくなった酸素と点滴


その後ひめ嬢は小さな箱へ


ひめ嬢の可愛い骨の一部はばあやが頂きました


今はこの中で眠っています


ひめ嬢は納骨しているお寺で昨年精霊流しもして頂きました


今は普段こんな感じでBABA家を見守っています


昨年亡くなった時のお供えした花
花の数は多くは無いけれど心は沢山こもってますよ


6月26日1周忌でした


可愛いお花に囲まれて🌸
5つのガーベラ家族の分よ


ばあやがわんこを飼うのはでん爺が最後だと思っています
でん爺が余生を幸せに送れるように祈っていて下さいね


色白で我儘でとても可愛いかったひめ嬢安らかに♰
BABA家のお仲間と虹の橋から見守っていてね♡ byばあや


ひめ嬢の散歩ひもまだまだでん爺に繋がってるよ


ご訪問ありがとうございます<(_ _)>
トρ゙(・・*) ぽちっと~♪して頂くと
でん爺、ばあや共に大変喜びます byBABA家一同


また(*бoб)ノ~''お待ちしていまーす♪




非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。